保育方針・教育目標

保育方針・教育目標

幼児を保育し、適切な環境を整え、その心身の健全な発達を助長する。健康で 明るく おおらかで 社会性に富んだまじめな子を育てる。

  • 健康で明るい子
  • 優しく思いやりのある子
  • 夢多い子
  • どんなことにも真剣に取り組む子
  • 自然に親しむ子
  1. 幼児の全人的調和を図り、健全な心身の発達の基礎を培います
  2. 社会生活に必要な基本的生活習慣と社会性を育て、情操豊かな子どもの育成に努めます
  3. 子どもの理解に努め、個々に応じたきめ細かい教育の推進に努めます
  4. 子どもの生活体験を大事にし、子どもの興味や欲求に即した総合的な指導に努めます
  5. 地域の実態に即した教育環境を整備し、特色のある教育を工夫するように努めます
  6. 家庭との相互連絡を密にし、開かれた教育の場として、教育効果を高めるように努めます